旬の野菜を先取り!今日は赤ピーマンを使った料理。2020年04月24日

以前と言っても、約1年前になりますが、

 

小松菜料理のブログ記事を書きました。

 

その時にもお話ししましたが、

 

仕事を離れて家に帰ると3男児のパパなんです、実は。

 

そして、僕は台所担当!!

 

料理はいろいろな感覚で楽しめるのが良いですよね。

 

味(味覚)・見た目(視覚)・香り(嗅覚)・歯ざわり(触覚)・音(聴覚)!

 

これらを全部一度に楽しめる料理を作るほどの腕はありませんが、

 

可能な限り楽しめるように頑張っています(自分の好みですが)。

 

 

 

今日は、ちょこっと旬より早いですが赤ピーマンを紹介します。

 

僕が赤ピーマンを好きなのは、栄養価などいろいろ理由はありますが、

 

何と言っても色がキレイ!!

 

艶々した赤色は緑ピーマンと合わせると更に色が引き立ちます。

 

 

そして、栄養価もビタミンA、C、Eが豊富なんです。

 

それらの相乗効果があって、美肌効果・血液サラサラ効果・免疫力アップなどが

 

期待できるようです。

 

 

 

今回は、鶏肉のうま煮に赤ピーマンを入れてみました。

 

ちょっと写真が暗い……。

 

少し加熱しすぎて、色にハリが若干ないですね。

 

次こそは、ハリのある色合いになるように頑張るぞ。

 

今年に入ってから新型コロナウイルスが世間を騒がせていますね。

 

いろいろな対策が言われていますが、

 

免疫力を上げることもその一つだと思います。

 

しっかり食べて、頑張りましょう!!

 

 


日本建築の代表的屋根の一つ檜皮葺きについて2020年04月14日

日本建築の屋根には色々な種類があります。

 

現代の屋根は、瓦葺き金属(板金)葺きがほとんどです。

 

しかし、社寺建築をみると檜皮葺き杮(板)葺きがみられます。

 

杮(板)葺きについては、先月足助城に行った時のことを

 

ブログ記事にした時に紹介しました(山城の足助城を見学してきました)。

 

 

 

今日は、もう一つの檜皮葺きについて紹介したいと思います。

 

豊田市の隣の岡崎市にある瀧山寺・本堂が国の重要文化財に指定されています。

 

その本堂の屋根が、檜皮葺きです。

 

 

 

檜皮葺きは、読んで字のごとく桧の樹皮です。

 

樹皮と言っても一番外側いちばんのゴツゴツした『鬼皮』、

 

真ん中の『真皮』、一番内側で木質に接する『甘皮』に分けられ、

 

檜皮葺きで使用されるのは、第二層目の『真皮』です。

 

その真皮を少しずつズラしながら竹で作った釘で留めていきます。

 

 

 

檜皮葺きの歴史を見ると七世紀後半に登場していた記録があります。

 

ただし、現存する檜皮葺きの屋根は最も古い例でも

 

十五世紀の半ばまでしかさかのぼらないようです。

 

瓦は中国から伝播した技法ですし、茅葺きはヨーロッパにも

 

類似を見出せるようです。

 

しかし、樹皮を用いる屋根葺工法は他にはない、

 

日本独自のもののようです。

 

そして、檜皮葺きの魅力は何と言っても、あの曲線美です。

 

 

ゆったりとした優雅な感じのする曲線

 

作り出す素材はありません。

 

有名な建築物で言えば京都の清水寺ですね。

 

ぜひ観る機会がありましたら屋根の優雅さも

 

注目してくださいね。

 

 


山登りをして、運動不足解消になったかな。2020年04月08日

先日、小春日和の良い天気だったので、

 

長い春休みの子ども達と僕の父、僕とで

 

猿投山に登ってきました。

 

長い春休みでしたが気分的に外に出にくかったため、

 

子ども達も家の中で過ごすのに飽きていました。

 

また運動不足気味でもあったので、

 

猿投山に登ろうとなったのです。

 

 

 

 

 

 

猿投山に登るのは小学生の時に登って以来!

 

子ども達は元気にサッサと登っていくのですが、

 

僕と父はゆっくり、ゆっくり体に無理しない程度に。

 

登る時に使う筋肉は普段使う筋肉とは別ですね。

 

何となく分かっていたことではありますが…。

 

それでも、山頂に着くと気分が良いですね。

 

やり切った達成感という感じを持てます。

 

 

 

山頂からの眺めも素敵です。

 

また、頑張ろう!!という気分になりました。