耐震改修工事が完了しました。2022年07月04日

先月から始まったリノベーション工事。

 

耐震改修工事が完了しました。

 

 

 

耐震改修工事では、耐力壁を新たに設け、

 

現行の建築基準法を超えるだけの

 

耐震性能をもった建築物になるようにします。

 

 

耐力壁を設置すれば良いという訳ではありません。

 

耐力壁に地震力がかかるとそれによって、

 

柱と土台または梁が離れ離れにならないようにする金物の

 

設置も必要になってきます。

 

 

 

これらはと構造計算をしてそれぞれにかかる力を算出して、

 

その力に耐えられる専用の金物を設置します。

 

壁の中での工事なので、リノベーション工事であれば、

 

工務店さんも施工しやすく、しっかりと工事ができます。

 

 

 

耐震改修工事が終わるといよいよ床組の工事に移ります。

 

徐々に出来上がっていくのが楽しみですね。


リノベーション工事、始まりました!2022年06月06日

 

先月末から住宅のリノベーション工事

 

スタートしました。

 

まず既設の壁、天井、床を撤去します。

 

 

 

 

 

ここから耐震改修断熱改修をして、

 

新しい間取りの住まいに変わっていきます。

 

素敵な住まいになるのが楽しみです。


ダイニングテーブルの一枚板を自分で選んでみませんか?2022年05月27日

 

先週末、お客様とダイニングテーブルの板を見に行ってきました。

 

銘木店のストックヤードに行くと、

 

たくさんの銘木の一枚板がズラリと並んでいます。

 

 

その中から自分が気に入った板を

 

ダイニングテーブルすることができるんです。

 

 

 

色々サイズや木目や色味でお気に入りを探します。

 

なっ、なっ、何と!!

 

今や入手困難と言われているゼブラウッドもありました。

 

 

その他にもケヤキはもちろん、いろいろな銘木が並んでいます。

 

しかも、値段もかなりお値打ちに購入できます。

 

ご自宅のダイニングテーブルにしても良し、

 

会社の商談テーブルにしても良し。

 

みなさん、いかがですか?

 

興味のある方は、ぜひぜひご連絡ください。

 

ご連絡いただきましたら、ご案内いたします。

 

お問合せはこちら!

 

 


空き家を福祉施設にリノベーション!2022年04月28日

   

 

足助・新盛地区で民家を

  

福祉施設にリノベーションした物件が

   

完成しました。

  

お客様のこだわりは、

  

縁側が全開放できること。

 

   

天気の良い日は縁側に腰かけて、

  

ボッ~とすると気持ちが良さそうです。

  

そんな空間になりました。


空き家のリノベーションやってます!2022年03月04日

 

 先週の話になってしまいますが、

 

リノベーションの手伝いを

 

させてもらっている

 

特定非営利活動法人みちさんが

 

中日新聞に掲載されました。

 

 

 空き家をリノベーションして、

 

障がい者さんの就労施設になります。

 

新型コロナウイルスにより新しいスタイルが

 

どんどん出てきています。

 

これから中山間地域での活動も

 

やりやすくなっていきますね。


建具の職人技発見!!2022年02月25日

先日、リノベーション現場に

現況調査で行ってきました。

建設当初、建主さんのこだわりが

入っており、ワクワクしました

特に和室には力が入っていました。

その一つに、障子の組子です。

この写真を見て何か気が付きませんか?

縦の組子と横の組子の交差する部分が

上下左右互い違いになっていますよね。

これを『ねじぐみ』と呼びます。

これは竹籠を組む方法です。

格子や組子は竹の様に曲がらないので、

普通にやっては当然組むことはできません。

そこで知恵を絞り、考案された技術です。

現代では効率性を優先されて、

この技術はほとんど使われていません。

この技術を久しぶりに見ることができ、

ぜひ、リノベーション工事で

再用したい建具です。


木製建具が入りました2022年02月17日

 久しぶりのブログになりますね。

    

先日、空き家を障がい者さん達の就労施設に

  

リノベーションする現場の縁側に

  

木製建具が入りました。

  

  

木製建具が入る前は、昔のサッシでした。

  

  

元々は木製建具だったところに

   

サッシをリフォームで入れたようでした。

 

敷居を見ると木製建具のレールに

  

サッシが使われていたので。

  

やはり、木製建具にすると見た感じは

  

全然変わりますね。

  

木製建具もこの後、塗装して建物全体の

  

風合いに合わせます。

  

完成が楽しみですね。


杉と桧のフローリング2022年01月14日

 今回はフローリングについて書きます。

   

無垢材のフローリングで良く使っているのが、杉と桧です。

   

そして、僕が好きなフローリングは杉です。

 

杉は、木材の中でも柔らかい材です。その為、触った感触 特に足さわりが気持ち良いのです。一日歩き回っても足への負担が他の木材と比べると断然少ないです。

 

ただし、柔らかいので傷がつきやすいです。

 

杉フローリング

 

また、杉のフローリングは色が濃いです。写真は赤身が多いですが、右端に白木部分が写っているように色の濃淡の差が大きいです。

 

部屋全体の色と馴染むまでに時間が必要ですね。

 

それに対して、桧のフローリングは色の濃淡の差はほとんどないです。

 

桧フローリング

 

桧は全体として淡い色です。杉よりも堅めの木材です。と言っても傷はつきます。

 

無垢材をフローリングに使うと傷がつくのはあきらめましょう!

 

しかし、触った感じは無垢材ならではの気持ち良さは抜群です。

 

特に今の季節は、合板フロアはスリッパなしでは冷たくて耐え難いですが、無垢のフローリングでは裸足でも大丈夫(個人差はありますが…)

 

梅雨の季節でも、ベタベタした感じはなく、気持ちがい良いです。

 

無垢のフローリングは、合板フロアよりコストは高いですが、これから先ずっとその上を歩いたり、座ったりして暮らすことを考えると、絶対におススメですよ。


謹賀新年。明けましておめでとうございます。2022年01月03日

明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろなご縁があり、

気が付けば、1年が終わっていたと言う程、

走り抜けた感じがありました。

そして、充実した年でもありました。

 2022年も、新しい事にどんどん挑戦して、

社会と地域の活動の一助となるように

勇往邁進いたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  

毎年恒例・除夜の鐘突き

  

今年もきれいな初日の出でした。

  


防犯性の高い街の特徴22021年12月10日

   

 先日、防犯標語が表彰されたことを記事に書いて、

防犯性の高い街の特徴を2点挙げました。

  

その一つについて前回書きました。

   

今回は、もう一つの特徴について書きます。

  

・外灯や門灯で街が暗くない。

  

   

やはり、犯罪を犯そうとする人は目撃されることを嫌います。

   

その時に、顔の形や特徴を見られると捕まる確率は上がるそうです。

  

そうなると、外灯や門灯で街が明かるとすれ違うだけでも

顔の形や特徴が見えてしまいますよね。

   

逆に、町全体が暗いとすれ違うだけでは顔の形や特徴は見難いですよね。

  

でも、これって一人では出来ないですよね。

   

町全体で実践しないとダメですよね。

   

前回話をしたもう一つの特徴:地域全体でコミュニケーションが取れている。

    

これも、一人では出来ないですよね。

   

防犯性の高い街づくりは、地域の人々と協力して成り立ちます。

   

まずは、隣近所の方と話をして、実践してみると良いですね。